自分の目でしっかり見てますか。カメラでばかり観ていませんか。

お題「カメラ」

運動会の季節ですね。

ここぞとばかりにカメラを持った人が集まってきますが、カメラでの撮影にばかり集中してしまい自分の目で競技者の演技を見ていないなんてことになってはいないではないでしょうか。

カメラの撮影にばかり集中していると競技を見ているのではなく、カメラフレームの中に競技者が収まっているのかどうかしかみていなかったりします。せっかく目の前で競技をしているのにみていないというのは、とてももったいないことです。撮影できる場所にいると言うことは、テレビで見るより迫力のある競技観戦ができる場所にいるということです。

その競技の瞬間をいつまでも残したいとカメラに収めることも大事ですが、目の前で行われている競技にその場で心を動かされるまで観ることも代えがたい体験です。

 

カメラ撮影がさかんであるがゆえに、最近は競技のあとの歓声や拍手もまばらになっていると聞きます。

実際、カメラ撮影している人は競技がおわったとき、にそのまま手元で撮影し終わった画像の確認をするようです。デジタル機器の撮影では、その場で撮影画像がみられるのでそのようなこともおこります。

競技が終わったあとに観戦している人からのレスポンスが出てこない運動会というのは、とても寒々しいものになってしまいます。

かなしいことに規模の小さい運動会であるほど、こういうことがおこりやすいようです。規模の大きな舞台ではないけれども、そこで活躍しているからこそ、その姿をしっかりカメラに収めたいという思いが裏目に出てしまうのです。せっかくの晴れ舞台であればこそ、カメラ撮影にばかり気をとられずに、その活躍の瞬間に大きな声援を送って観客も参加するのがいいのではないでしょうか。