雑記、日記に代えて

雑記帳。ご興味に合いましたらいらしてください。

オタマトーン クリスタル ブルー

オタマトーンを買いました!

音符を模したかたちをした電子楽器、オタマトーン

しっぽのような部分を抑えながら、まるい顔の部分のくちをパクパクさせてうたわせる面白い楽器です。

Otamatone | 明和電機による電子楽器「オタマトーン」

発売されて10年以上になるオタマトーンにはメジャーな白や黒のカラーのほかにキャラクター柄や クリスタルという半透明なカラーのものも出ています。

 

今回買ったのはクリスタルブルー

 

 

ワクチン接種の機会、延びました

職場つながりで職域接種のはなしが、わたしのとこにも来ましたが延びました。なんともいやはや、あとは申し込んで日時が決まったら受けにいくだけと思っていたのですが。ひとまずワクチンを受けるわくわくもお預けです。

接種の機会が延期になった理由は会場の準備が理由だそうですが、こればかりは受けることに前向きになったとしても不可抗力の理由です。

今週に入ってから、市町村からのお知らせや、ほかの人の職域接種の開始の話などもでてきていて、いっきにみんな一回目のワクチン接種をしてしまうのかとおもいましたが、まだまだいろいろありそうです。

ワクチン接種の機会が来ました

コロナワクチン優先接種とか職域接種とかメディアで取り上げられてたけど、自分のコミュニティは医療関係とは縁遠いしまだまだ来ない話だと思ってたら思ったより早く来ました。
オリンピックが始まるまでに接種人数を増やせるのかなと昨日ブログで書いてたけど、やると決まったら接種したほうがいいというコミュニティには早くも声がかかるようです。

Yahoo!新型コロナワクチン情報まとめ
新型コロナワクチン情報まとめ - Yahoo!ニュース

いまYahoo!の累計接種人数を見ると約2千万人。全国1億2千万人のうち6分の1の人は接種できたことになるようです。
接種者の年齢層の内訳は明かされてませんが、優先接種対象とした65歳以上の半数近くは摂取を済ませたということになるのでしょうか。人数だけでみれば、接種スケジュールを順調にこなしていってるようなので、高齢者の次の対象者への摂取が始まったということのようです。

私のとこにきたワクチン接種の話は、もう来週にも行うという内容だったので、全国的にこのスピードで対象者に摂取が行われるとしたら累計接種者数の上昇も著しいものになるのだと思います。

オリンピックどうなるの?

 オリンピック開会式は2021年7月23日19:00から東京都新宿区のオリンピックスタジアムでの開催が予定されているようです。

 ひとまず私が、いま”オリンピック”と検索してヒットしたトーキョーオリンピックのチケットサイトの詳細から現在明記されている予定を書き出してみます。自分でこうして書き留めておかないと、変更前のことは過去の新聞を引っ張り出さないとわからなくなってしまいました。コンテンツとして毎日必ずとりあげるオリンピック関連ニュースを見ていると2021年中にこの日程で、参加者数や観戦者の内容を変更して開催すると報じられています。でも、コロナの心配が尽きないなかでは、いま発表されてる日程もいつコロッと変更されてしまう曖昧なものなのではないか、というぼんやりとしたイメージで見てしまっている自分がいます。

 まだ世間で心配されているコロナが解決しないままに設定されているこの日程が発表されたのはいつなのかと、検索してみると2020年3月24日に決定されたとありました。開催日の延期の決定から一年以上経ち、また延期再設定された開会式まであと一ヵ月ちょっとのいま 、実際のオリンピックの準備となるイベントはどうなっているのかと調べて見たくなったので検索しました。

  オリンピックに向けての国内の大会運営練習を兼ねているテストイベントというものがあるらしく、それぞれのテストイベントを検索してみると2020年後半から規模を縮小しながらも開催されていました。大会運営の側からの事前準備は2020年開催予定当初のとおりとはいかなくとも順調に進んでいるようでした。

 つぎに観戦する側の盛り上げイベントである聖火リレーはどうなっているのかと検索してみました。聖火走行ルートも21年への延期ののちに新しく組み直されて発表されていました。自分のいる市町村でも最初のルートよりはみじかくかつ沿道に観に行くのは避けることという内容で出されていましたが、走行日を目前にして公道走行をしないことにしたと県の決定がありました。代替措置についてもまだ未定とありますが、つまりは聖火がうちの市区に来ることはないのでしょう。聖火リレーの発走日あたりにメディアで公道を走るランナーを見たような気がしましたが、最近の動向をみてみると3日後の公道走行は中止されたというニュースがヒットしました。人を集めてしまうイベントを迎えるにはまだコロナの心配がぬぐえないという声をとりあげての措置でしょうか。

 コロナの心配を抱えつつも今回のオリンピックはどうなってるのだろうと実情を検索してみたら、大会運営と開催地域の熱量の差が事前イベント開催の可否でこれだけはっきり出されているのがわかりました。オリンピックが自分の国で開催されるという高揚感を、おぼろげながら98年の長野オリンピックをみてきて知っているだけに、イベントの開催可否でここまで意見が割れていることにうらさみしいきもちがします。大会運営の人も競技者も観戦者と同じ国内でコロナのリスクを負っているのだと考えてしまうと、なぜ、どこで、ここまで意見が割れることになってしまったのか釈然としません。

 コロナへの対抗措置としてワクチン接種が2月ころからはじまりましたが、私自身は先行して指定された接種対象者ではないため、自分が接種できるのは随分あとになりそうと考えています。もしかしたら、オリンピックの開催よりあとなのではないかと。同じような層の人たちの コロナへの懸念が消せないことを理由とした開催中止の意見は開会が近づくほどに強くなるでしょう。ちらほらと職域や確保数の余裕を使った、先行枠外対象者への接種も聞こえてきてはいますが1ヶ月後に迫ったオリンピック開会までに世論の懸念の色を払拭できるまで接種人数を上げることができるのでしょうか。

  スタジアムでの観戦の機会もなさそう、自分の街への聖火リレーもなくなってしまった。こうなるとコロナの不安が解消されないままのオリンピック開催は、どうなるの?という不安要素がおおきく占めてしまいます。よしんば、不安をよそに開催したとしても、開催にこぎつけるまでにこの1年払ってきた代償は開催成功で補えるものではないと想像します。

 

 

今年のクリスマスプレゼントはクリスマスキャロル

大人になるとプレゼントをもらうことは少なくなるが、今年のクリスマスはステキなプレゼントを受け取った。クリスマスシーズンに上演される「クリスマスキャロル」のミュージカルを観にいけたのだ。

ミュージカル「スクルージクリスマス・キャロル~」 日生劇場

クリスマスのイルミネーションで飾られた街を抜けて、赤い絨毯のホールに大きなツリーの飾られた劇場のロビーに到着しただけで日常からかけ離れた体験ができる。会場の日生劇場はかなりの観客収容数の劇場なので、これから幕の上がる舞台を待ちわびる人で蒸し返している。

先日上げたブログのテーマでクリスマスキャロルの読書感想を上げたのだが、実を言えばこの観劇の予定のために前勉強として読み返していたのだ。
クリスマスキャロル

岩波文庫のクリスマスキャロルでは、主人公のスクルージを導く謎めいた精霊たちとの時空行脚のはてに主人公スクルージが大きな感懐と、大きな後悔。そして、過去への後悔をしたことによって大きな絶望を抱いたあとに・・・という物語で。主人公の、人生を変えるような経験と一緒にダイナミックな感情の起伏を追体験させてくれる。現在過去未来を見せて、自分の行いを悔い改めるよう諭す、説法的な感じもある。
ミュージカルでは幕間の前に入る『〜あなたが好きだから〜』と謳う楽曲が深く心に残ったが、一貫していろんなセリフや場面での登場人物たちが市村正親さん演じる主人公スクルージのことが『好きだから』ということが全面に出ていて、人への思いやりを持つことを思い出させてくれるストーリーだった。
特にミュージカルのなかでもスクルージへの『好きだから』、「あなたのことを思っているから」を明確に表している、ある人物の正体が明かされるシーン。これが観ていてぞくぞくするようだった。事前にクリスマスキャロルの本を読んでいたから、そこのシーンでそのような人物を入れてきたことで、すっかり舞台の上のスクルージに親近感が湧いて好きになってしまった。
そのほかの様々なシーンで出てくる『ありがとう〜』と謳う楽曲でも、後半の場面でスクルージに対して同じ人物から再度歌われたときに思わず拍手をしたくなったぐらいだ。ミュ〜ジカル観劇の無作法に触れないのであれば、あのスクルージがありがとうと言われた瞬間に拍手をしたかった!

素晴らしい演出と生演奏のミュージカルを観ることができて、大人になってこの季節にこんなに温かい舞台を観られて久しぶりに心に温かいプレゼントを受け取れていい経験だった。

鉛筆削り機

鉛筆を削っていますか?

まず。鉛筆削り機の話の前段階として、鉛筆で書く機会はあるでしょうか? シャープペンではなく、鉛筆で、です。削り機を使うのだから、鉛筆です。

 

私はこうしてパソコンを使ってブログで発信するので、あまり鉛筆削り機を使うことはありません。

しかし、ひさびさに学用品として文房具をそろえることになり、鉛筆と鉛筆削り機を買いました。

 

手首でひねって回してます。

なくし物について

なくし物をすることがある。

 

この間は出掛けにカバンに突っ込んだタオルが気がついたら無かった。

これは外でなくしたもの。タオル、ハンカチの類は、消耗品として割り切りましょう。

家の中でも、なくなるものがある。でもこれはありがたいことに、部屋の中のものをどうこうするのが自分だけなので、ゴミ箱に入れてなければ出てくる。出てくることが多い。家の中で、意識せずに突っ込んだ場所に鎮座してる。

それを発見できるのが、いつになるかはわからないけど。

 

どこかにあったとしても、私がその場所を発見しない限りなくし物のまま。