夜を通して作業して、夜明けに聞くのが好きな音楽


たいして大事な用事でもないのに。夜を徹して好きなことして、徹夜のへろへろになってきた明け方に聞くのが一番はまるアルバム。

1トラック目の曲のタイトルが、【waiting for the sun】で。洋楽のリスニングはできないから、歌詞がどういう内容なのか知らないけど。タイトルの自分なりの直訳で【太陽を待つ】っていうのが、まさに徹夜明けのときの状態だし。

1トラック目から2トラック目の盛り上がりと3トラック目への入り方が、徹夜のときの気分にすごいしっくりくるんだよね。

絶対
アルバムの曲順で聞きたい一枚!