思わず呼びかけたくなっちゃう

ファインディング・ドリー (吹替版)
観てきたのは、この映画。ファインディング・ドリー

この映画をどうしても、映画館で観たかったんだよね。前作のすでにDVD化もされている

ファインディング・ニモをDVDですでに、観ていて。
ファインディング・ニモ (吹替版)
映画館でみたかったなーと思ってたから、この続編が出ると、きいてすごいうきうきして

映画館に行ったのさ

もちろん主人公は、タイトルの、ドリーなのだけど、前作のニモも、スクリーンに映し出されたときは

思わずホロリ。ニモパパにもスクリーンで出会えたし、映画館に観に来たかいがあったよ。

すっかり映画館から足が遠のいてたけど、こういうかれこれ一〇年越しの、あこがれのキャラクターとの邂逅に

感動できるなら映画館も通いたくなるね!

こんなにいきいきしてる映画を見ると

元気をもらえちゃう。

 

私が行った映画館は、けっこうな大入りで、大人子供取り混ぜて、来てたのだけど、

トーリーの中で、水族館の中から逃げだそうと画作するドリー達を観て

劇場のいろんなところから声が上がってた。思わずドリー!って呼びかけちゃうのよね。

ほんとうに、「あの管の中のシーン」では、笑い声が上がってた。

こういう、一体感の感じられる映画鑑賞体験ができる作品でよかった!