お手軽クラフト

f:id:mira-mito:20180119141216j:plain
百均のセリアに行って、かわいいカエルの置物が目についたので
売り場で3つ商品をカッテ組み立てた。
多肉植物の植木鉢に置く予定

スマートウォッチがほしい

今週のお題「体調管理」

体調管理と一口に言っても、それは食事、睡眠、運動の大体三つの項目をどう管理するかなのだと思っている。私はいまのところ生活のリズムは無理のないテンポで送れているので、気を付けようと思ってるのは食事と運動の部分なのだ。

食事は自分が摂取するものに自覚的になることで過剰に取らないよう気を付けようと思うのだが、運動についてはインドア派なのでちょっと……。

運動量が少ないんだろうなとは思っているのだが、どれくらいスポーツらしいスポーツをするといいのかわからない。なので自分の運動量を数字で見たいという意味で、スマートウォッチが欲しいと思っている。それも、歩数だけじゃなくて心拍数とかが計測できるのものを。

スマホをもっているので運動量が数値的に計測できる機器としていままでは、スマホについている歩数計を利用していました。スマホを持ってるだけでも外出した日と外出してない日の大雑把なログが取れて重宝していたのでもっと細かく測れるものが欲しいなと。

物欲。

今から銀の匙を獲得したい!

 

 この漫画について語りたいと思う。

あらすじは、挫折を経験している高校生の主人公が、慣れない農業高校で奮闘するストーリー。

タイトルにつけられている銀の匙は、ヨーロッパで「生まれた子が食べ物に困らないように願いを込めて銀の匙を贈る」風習からとられていて、舞台となっている農業高校にも、校内に銀の匙が飾られている描写がある。それは、そこで学んでいる生徒たちに、食べていく手段を身につけてほしいという学校の方針を示しているもので、ストーリーのなかで登場人物は身を立てるために奮闘していくという物語だ。

登場人物がいろいろな困難を乗り越えるための動機を、農業の理屈だったり、高校生の進路選択の理屈だったりをしっかり消化して、出どころのわからない努力とか根性とかだけでは片付けていないので、フィクションコミックスだけれども読み応えがある。

私自身は高校生活から離れてはや何十年にもなるが、このコミックスを読むとその時期の一途な熱気を思いだして元気がわいてくる。

読んだあとにはたとえ今からでも、銀の匙を得るための努力をしたいと思う気持ちがふつふつとわき上がってくる、とても勇気をもらえるコミックである。

ニューシネマパラダイス

  • タイトルは知ってたけど、観たことなかった名作を観た

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

ニューシネマパラダイス。映画の名作を挙げるときかなりの確率で出てくるタイトル。

主人公の半生を振り返るかたちで丁寧に描かれる少年期では、コミカルもあり楽しく観せて。帰郷する主人公のシーンから、なぜかものすごいノスタルジーの感覚を盛り上げてくれる作品になっている。

過去を思い出す切ない気持ちを、思い出させてくれる映画でした。

自分自身の過去を思い出してノスタルジーに浸ろうにも、

きれいな思い出ばかりじゃないから精神的ダメージを負うことがあるけど。この作品は、郷愁の切なさだけをきれいに盛り上げてくれるので(≧∇≦)b

surface付属品で迷う

いま、New surface pro が発売されてるこの時期に、自分が新規購入したのはSurface Pro 4 m3です。

タブレット本体だけです。付属品はなにも同時に購入しませんでした。

キーボードは有線USBキーボードを時々つなげてます。

ネットするときの、検索単語なんかはWindows 10のタッチパネルキーボードで十分まかなえます。なので、純正の付属品は買わないですごすかなと思ったのですが、やはり本体と一緒にスマートに持てるキーボードもほしくなってきました。

New surface proが発表されてしまったので、これからpro4の商品も手に入れにくくなってくると思うし……

ここでキーボードを買ってしまうかとても悩みます。

 

 

パルプフィクションを観た

パルプ・フィクション(吹替版)

ひとまずは時系列を思い出しながらシーンを

組み直して考えてみる。どの登場人物もかっこいい、かわいいから、けっこう中盤で死亡シーンが出てくるのでへこむ。

 

タイトルの前に出てくるレストラン襲撃シーンで、いったい何の話だろう?と引き込ませてからブラックスーツに身を固めたジョントラボルタとサミュエル・L・ジャクソンの二人が、世間話をしながらギャングの仕事をするシーンにいく流れで観ている人を何が起こってるのかわからないままながら、くだらない話をしながらギャングの仕事してるんだよっていうストーリーに巻き込んでいくのが良い。冒頭から始まる関連のわからない二つのストーリーを、訳のわからない台詞の掛け合いで進めてて煙に巻かれる感じで観ていくのが、何も考えないで観られてよかったです。

何も考えないから、かっこよく見えてくるのよね。

サミュエル・L・ジャクソンは、結局何を悟ったんだろう?

surface pro4を買った

自宅での趣味と自分のブログ用の両方の用途で使っているパソコンに、あれやこれやあったので。家族用と、自分用は分けた方が良いということで結局新たにパソコンを購入しました。

家の思い出の写真を管理するパソコンと、私自身があれこれいじる用のパソコンは別にした方が安全だという判断に至ったから。

家族用の思い出の写真や動画を処理するにはある程度のスペックのパソコンと言うことで、デスクトップ型の物を使うことにした。もう一つの私が使いたいパソコンは場所を選ばずどこでも持ち運べて、使う用途も文章入力とyoutube視聴ぐらいなのでそんなにハイスペックでなくて、とにかく持ち運べる物にすることに。

新しい物を買うときって、楽しいですよね。

 

というわけで、ウキウキしながら新しく買いたいパソコンのスペックを書き出してみた。

  • まず、どこでも持ち運べるのがほしいのだから、「ノートパソコン型」
  • でも、自分の文章作成にはWindows Officeが必須なので、必然的にOSはWindowsを指定。
  • スペックは、画像動画の編集は行わない、3Dなんて扱わない、OfficeでWordとExcelが使えれば良しなので、そんなに求めない。ほどほど動けば良いと思っていて、まあメモリの数値はよくわからないけどほどほどで。市場によく出回ってるメモリ4GBぐらいあればいい。
  • そして、パソコンに付属しているストレージの量はそんなになくてもいい。パソコンのOSに支配されてるストレージの量が下手に多いと、OSがなんかなったときにデータをなくす痛手が大きいということを今回の自分のドタバタで嫌というほど知ったから。
  • 外部との接続端子は、テキストデータ主体の用途ということでUSBと、ネット接続とぐらいあればいい。
  • そして、OSと筐体の相性の安全性が高い物。家ではデスクトップ型パソコンもiMacから始まって、Windowsに変遷してもディスプレイ一体型を使い続けていた。で、今回自分のお家騒動で、Windows10と筐体との相性が悪くての不具合というので痛い目を見たので、そこの保険はいくらかけてもいい!と思い至ったのでWindowsマイクロソフトのデバイスを選ぶ。

と、こう書き出してみると、デバイスのメーカーを指定しているのでもう、選ぶ機種はほとんど決まってるようなもの。

マイクロソフトのホームページでノートパソコンのジャンルを見てみたところ、surfaceBookというシリーズはだいたい20万ぐらいで、laptopのシリーズでも10万円台半ば。

 

なかなか、ほかのメーカーと値段を比べると高額な価格帯だけど。OSの安定性への保険ということで、その値段帯でも良しとする。

 

そうはいっても、潤沢な資金があるわけではないのでできるだけ安価な物で探していくことになるのですが、ラップトップのシリーズのスペックと、furface proのスペックを比べたときにどうもピンとくる物がなく。だいたいスペックが同じような物でキーボードが最初からついてるかついてないかの違いぐらいしか、パソコンの知識に疎い私には見分けがつかなかったのです。

 

どっちのシリーズラインの最低スペックでも、最初から入ってるWordExcelぐらいは問題なく動くだろうというような。思惑も。

 

という考えをたどり、surface pro4を手に入れました。

surfaceProタイプカバーとsurfaceペンを同時に買わずに。(^^;)

 

キーボードは、タイプカバーの形状が一緒に収納できるのでとても魅力的だったのですが、自分が好きなUSB接続のキーボードがあったのでそれをしばらく使うということで、同時に買いませんでした。

surfaceペンは、このデバイスは画像編集用ではなくテキストデータ主体ということで、同時に買いませんでした。

ということで、このような状態で使っていてすごく快適です!!

ノーパソをタブレットの気軽さで持ち運びできて、必要なときには好きなキーボードにつなげて入力できるし、

キーボードがないときでも、Windows10のタッチパネルキーボードでけっこう入力できるし

良い物を買うって、楽しいですね!!