あかいニャンコがドラムをたたく

最近、思いもしなかったことが立て続けに起こって、結構疲れ気味です。

ネットでぼんやりと気晴らししてた時にYouTubeで見つけたのが!この動画。

にゃんごスター

www.youtube.com

赤いニャンコがドラムを叩く!かわいいニャンコの顔がゆがむぐらい叩く!

爆サウンドだけでも、疲れてる今の私にとって癒しなのだが!にゃんごスターのいでたちとの組み合わせが、見ているだけで非日常感を与えてくれてすごく癒される。

 

演奏の中でも、にゃんごの顔の前でスティックをクロスさせてためる瞬間がとくに好きである。

好きすぎて、まねしてる。疲れがピークになりそうな時に、意味もなく顔の前で手をクロスさせてマネしてる。

癒される。

電子書籍 いと考える

私は電子書籍を利用している。

よく利用しているサービスは、だいたいつぎの二つだ。

booklive

https://booklive.jp

honto

https://honto.jp/

電子書籍でも本の購入をしているが、自分の部屋に自分の背丈ぐらいの本棚にもみっちり本を詰め込んでいるし。図書館も利用する。

読み方は丁寧ではないし、漫画も小説も、新書も実用書も技術書も読む。選ぶジャンルには、多分に好みと興味で偏っている。だいたい、文字数の少ないほうが好みだ。

 そのうえ選ぶ本は、自分がなりたい未来と希望が反映された実用書と、はやりと好みに流された娯楽本とごちゃまぜだ。その書籍タイトルリストを一覧にして提出したら、自分のアイデンティティがまるはだかになるようで、とても恥ずかしいと思う。

部屋に置いている本は部屋の掃除を意識して以来、本棚に入らない量は手元に置かないようにしている。漫画の数十冊シリーズなんかも前は入っていたのだが、いまはそういうものは電子書籍で購入するようにしている。よほどすきな作品は実物のコミックを買ってみたりする。

本棚に並んでいる背表紙は固そうなタイトル……、にしつつある。

そして電子書籍で購入する本は、娯楽系の本と漫画だ。電子書籍で週刊誌なんかも読んだりする。

このブログのタイトル通りコンテンツを消費するのは好きなたちので、電子データであろうと読みたければ買う。割引、無料キャンペーンはもちろん大歓迎で、すこしでも安価で買えればとはおもっているが現在の書籍価格の大体の相場になれてしまっているので、そんなにすごく購入価格だけに購入動機を左右されることはない。読む頻度と読み返すだろう頻度、書籍を購入した時に部屋を占めることになる質量と相談してみると、電子書籍販売の割引キャンペーンはお買い得に見えたりする。

「あまり読まないけど、きっとまた読みたくなるだろうな」というときに読めるものを買ってると思えば電子書籍で購入することに躊躇はない。そして電子書籍で購入する本にたいしてはそれぐらいの執着しかないので、もしデータがパーになってもそんなにダメージは負わないだろうなというかんじである。

というわけで、電子書籍で買うようになって私は前より買う本の幅が広がったのかもしれない。ちょっと場所をとるけど読みたい漫画は買うようになった。

あと電子書籍で読んでいると、どんな内容の本でも手元の背表紙は黒いデバイスだから格好がつくのである。

 

旅行は計画を立てるまでが楽しいけど、費用を計算するのがめんどう

 四月にはいって良い気候になり、どこかに旅行に行こうかと思っていたら、自分から言い出すまでもなく近々二回くらいの旅行を計画しなければならなくなってしまった。なんとなく春の陽気に誘われて、「駅に広告の出てるあの場所に行ってみようかな」とか漫然と考えていたけど、ふわふわしたおもいつきだけで旅行の費用を考えてみるとその費用にびっくりすることがある。行ってみたいところと、実際旅行に行くときの出費を照らし合わせて思わず財布のひもを締めてしまうのだ。でも、行く必然性のある旅行なら出費もそんなに苦にならない。ような気がする。

 自分ひとりだったらひとり分の費用だけで考えれば良いのだけど、家族と行くとか何人か連れ立っての旅行だと、旅行費用も馬鹿にならない。年齢層もばらばらだとけっこういろんなとこで個別にかかる費用が違ってきて計算が結構面倒くさい。それでも、どうにか安く抑えられないかと自分で旅行日程を自前で予約とった場合とツアーを利用した場合とどちらが安く上がるのか。いちいち旅行日程ごとに計算するのが面倒になってExcelで計算表をつくってみてしまった。

せっかくだから公開します。

Yahoo!ボックス - 大切な思い出をずっと大事にお預かりします

 

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-plt2emh4jk55ajhljktkhyal5i-1001&uniqid=0d03ab49-930b-4b49-bc2a-3b8c9e626770&viewtype=detail

旅行費用計算書テンプレート.xlsx

f:id:mira-mito:20180405173943p:plain

エクセルで作成した、片道乗り換え3回までの国内電車路線、宿泊日数5泊までの短期旅行を想定した内容です。

自分的にはこんな感じの旅行よくするので、これからどこか旅行行く度にこの自作テンプレートでだいたいの旅行費用を計算しようと思う。

 

お手軽クラフト

f:id:mira-mito:20180119141216j:plain
百均のセリアに行って、かわいいカエルの置物が目についたので
売り場で3つ商品をカッテ組み立てた。
多肉植物の植木鉢に置く予定

スマートウォッチがほしい

今週のお題「体調管理」

体調管理と一口に言っても、それは食事、睡眠、運動の大体三つの項目をどう管理するかなのだと思っている。私はいまのところ生活のリズムは無理のないテンポで送れているので、気を付けようと思ってるのは食事と運動の部分なのだ。

食事は自分が摂取するものに自覚的になることで過剰に取らないよう気を付けようと思うのだが、運動についてはインドア派なのでちょっと……。

運動量が少ないんだろうなとは思っているのだが、どれくらいスポーツらしいスポーツをするといいのかわからない。なので自分の運動量を数字で見たいという意味で、スマートウォッチが欲しいと思っている。それも、歩数だけじゃなくて心拍数とかが計測できるのものを。

スマホをもっているので運動量が数値的に計測できる機器としていままでは、スマホについている歩数計を利用していました。スマホを持ってるだけでも外出した日と外出してない日の大雑把なログが取れて重宝していたのでもっと細かく測れるものが欲しいなと。

物欲。

今から銀の匙を獲得したい!

 

 この漫画について語りたいと思う。

あらすじは、挫折を経験している高校生の主人公が、慣れない農業高校で奮闘するストーリー。

タイトルにつけられている銀の匙は、ヨーロッパで「生まれた子が食べ物に困らないように願いを込めて銀の匙を贈る」風習からとられていて、舞台となっている農業高校にも、校内に銀の匙が飾られている描写がある。それは、そこで学んでいる生徒たちに、食べていく手段を身につけてほしいという学校の方針を示しているもので、ストーリーのなかで登場人物は身を立てるために奮闘していくという物語だ。

登場人物がいろいろな困難を乗り越えるための動機を、農業の理屈だったり、高校生の進路選択の理屈だったりをしっかり消化して、出どころのわからない努力とか根性とかだけでは片付けていないので、フィクションコミックスだけれども読み応えがある。

私自身は高校生活から離れてはや何十年にもなるが、このコミックスを読むとその時期の一途な熱気を思いだして元気がわいてくる。

読んだあとにはたとえ今からでも、銀の匙を得るための努力をしたいと思う気持ちがふつふつとわき上がってくる、とても勇気をもらえるコミックである。

ニューシネマパラダイス

  • タイトルは知ってたけど、観たことなかった名作を観た

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

ニューシネマパラダイス。映画の名作を挙げるときかなりの確率で出てくるタイトル。

主人公の半生を振り返るかたちで丁寧に描かれる少年期では、コミカルもあり楽しく観せて。帰郷する主人公のシーンから、なぜかものすごいノスタルジーの感覚を盛り上げてくれる作品になっている。

過去を思い出す切ない気持ちを、思い出させてくれる映画でした。

自分自身の過去を思い出してノスタルジーに浸ろうにも、

きれいな思い出ばかりじゃないから精神的ダメージを負うことがあるけど。この作品は、郷愁の切なさだけをきれいに盛り上げてくれるので(≧∇≦)b