自分の目でしっかり見てますか。カメラでばかり観ていませんか。

お題「カメラ」

運動会の季節ですね。

ここぞとばかりにカメラを持った人が集まってきますが、カメラでの撮影にばかり集中してしまい自分の目で競技者の演技を見ていないなんてことになってはいないではないでしょうか。

カメラの撮影にばかり集中していると競技を見ているのではなく、カメラフレームの中に競技者が収まっているのかどうかしかみていなかったりします。せっかく目の前で競技をしているのにみていないというのは、とてももったいないことです。撮影できる場所にいると言うことは、テレビで見るより迫力のある競技観戦ができる場所にいるということです。

その競技の瞬間をいつまでも残したいとカメラに収めることも大事ですが、目の前で行われている競技にその場で心を動かされるまで観ることも代えがたい体験です。

 

カメラ撮影がさかんであるがゆえに、最近は競技のあとの歓声や拍手もまばらになっていると聞きます。

実際、カメラ撮影している人は競技がおわったとき、にそのまま手元で撮影し終わった画像の確認をするようです。デジタル機器の撮影では、その場で撮影画像がみられるのでそのようなこともおこります。

競技が終わったあとに観戦している人からのレスポンスが出てこない運動会というのは、とても寒々しいものになってしまいます。

かなしいことに規模の小さい運動会であるほど、こういうことがおこりやすいようです。規模の大きな舞台ではないけれども、そこで活躍しているからこそ、その姿をしっかりカメラに収めたいという思いが裏目に出てしまうのです。せっかくの晴れ舞台であればこそ、カメラ撮影にばかり気をとられずに、その活躍の瞬間に大きな声援を送って観客も参加するのがいいのではないでしょうか。

イラガの発生

家の庭にイラガが発生した。

ふと茂った葉っぱの上をみてみると、全身がツノにおおわれた毛虫がいるのをみつけた。

浅い知識なりにいくつか庭をいじってきてはじめてみる毛虫だったが、全身にだけでなく頭からはやした触覚にまで細かくツノ状の針をはやしていて、みるからに触ったらやばそうな毛虫だった。

植物のとげをあつめて芋虫にしたかんじ?まあ、まずその見た目から触って取り除くということもできず。

ネット検索

“毛虫 危険 日本”

 

なんともいえないみるからに危険な形状を、うまく言葉化できず。日本にいる危険な毛虫ということで画像検索したなかで一番見た目が近くヒットしたのが『イラガ』

『イラガ』についてワード検索すると、もしさわってしまうと10年は忘れられない痛さだとか……

庭での危険生物との遭遇で、その痛さをネット検索で知るという。

身をもって痛さを感じるよりよかったのだろうが、駆除方法を調べても文字で知った痛さを考えると駆除をするのも腰が引ける。

 

 

電子辞書の引っ越し

電子辞書とは編集

  • 手のひらサイズで紙の辞書が数冊から数十冊分入っている、夢のような道具。EPWING形式やロボワード形式に代表される、OSに関係なく利用できる辞書。Oxford English Dictionary(OED)のような独自形式でOS依存の電子化された辞書。中国語電子辞書事情小学館の中.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログを見る
電子辞書を買い換えた。
以前つかっていた品物はかれこれ20年前の Sony DD-IC5000。画面は白黒液晶で英和国語9巻ぐらいを内蔵するデジタルデータビューワーだ。レスポンスがよく、横断検索がきくいい品物だった。
あるときに知人の最新電子辞書を触らせてもらう機会があって、おどろいた。電子辞書にカラーの写真が内蔵されていたからだ。その最新機種のコンテンツをみていくとカラー画像どころか、音声まで発せられ、かつ英語学習の動画まで内蔵されている。
英和和英辞書だけでも8冊分も入っていて、その上国語の系統の辞書も何冊もあり教養分野の辞典も入っている。そして、特におどろいたことは電子辞書のコンテンツとして学習支援の参考書の内容が内蔵されていて、画面タッチ機能を駆使して参考書を解いていくことができるようになっていることだ。
電子辞書でありながら情報をひくための辞書だけではなく、勉強するためのツールとしても機能している。
私は特にこの、参考書の内容が内蔵されていることがとても気に入った。英検対策も、TOEIC対策も漢検対策も入っている。デジタル勉強ツールとして、いろんな学習向けブレットなどが出ているが、スマホ然り、タブレット然り、家庭用ゲーム機然りソフトを入れれば学習ツールの機能をはたすけれどもその学習ソフトを起動させていないときにも、便利なツールとして機能してしまうことで勉強ツール以外でつかってしまうという、横道に入りやすいという難点がある。もちろん学習ソフトだけのタブレットなどもあるが、その学習内容が開発元のカリキュラムにかたよってしまうという制限があるような気がする。その点、見せてもらった電子辞書ではよくみる参考書がそのまま載っているようだったので、まさに分厚い参考書をデジタル化して手元で閲覧できるといういいとこづくめに思えた。もちろん内蔵されている参考書の単語からはジャンプして辞書を引くこともできた。
 
隔世の感である。今私が持っている20年前の電子辞書で単語を引いて、英語の発音をネットで確認するのに比べたらまったく使い勝手の良さがちがう。
 
斯くして私は電子辞書を買い換えた。ほどほど、英語ができなくて、生活べんり情報とか百名山とかの情報が内蔵されているのにはあまり魅力を感じず、かつ参考書の充実度がいいと思ったCasio Ex-word dataplus10 高校生向けを購入したのである。
 
いまもこの電子辞書とノート一冊を一緒に持ち歩き、内蔵された参考書を閲覧しながら英語と漢字の勉強を進めることができている。

鉢植えのバラ

今私の手元には鉢植えの薔薇が一つあります。ちょうどこの春の薔薇のシーズンに、バラを見にいったときに購入したものです。

薔薇の手入れはとても大変だと聞きます。

よく手入れの行き届いたバラ園をみて、自分の手元にもこんなすてきな花があったらなと軽い気持ちで購入したので。薔薇の育て方もなにもまったく知らずに持って帰りました。

購入したときにすでに苗木の先端にひとつつぼみをつけていて、持って帰ってきてから鉢植えの土が乾かないように水をやることで花を開かせることができました。鉢に下げられていた札のとおりの大きな黄色の花でした。

 

その花が香りをまといながら開ききったあとそのシーズン中はほかにつぼみをつけず、夏の日差しのなか緑の葉をいっぱい出して背丈が伸びたと思ったら暑さにやられたのか、何枚か葉っぱを枯らして落としてしまい。

苗が暑さで弱って全部枯れてしまうのではないかと心配しながら、夏の暑さで乾くのがはやくなっている根元に水を与えているうちに季節がまわって肌寒くもなってきた9月の後半から、赤い新芽をいくつかの節から芽吹くようになったので、またふたたびこの苗木から薔薇がみられるのではないかと楽しみにしています。

暑い日に着る服には気をつけたい

暑い日が続いていますね。

今までにないような暑さなので、とても扇風機ではしのぐことができず冷房に頼りっぱなしです。

冷房をつけられるようなところにいられればいいのですが、なかなか暑いからって空調の効いたとこばかりにいることもできません。

止めどなく出てくる汗を、少しでも身につけている衣服で快適にできないかと思うのですが

着飾るデザインには気がついても、夏を快適に過ごすための素材についての選び方がわからないので困っています。

 

冷感接触というのを聞いたことがあるでしょうか。

今年の夏はこの効果があるという商品がよく出回っているようです。

 

私が買った服はポリエステルで、冷感接触であるというTシャツでした。

ちょっと外で動かなければいけないときに綿のタンクトップを着た上にこの服を着たのですが。

確かに。かいた汗が肌の上のTシャツによってほどよく速く乾いていき、じっとりと汗ばんだ服を着てる不愉快感もなく快適でした。

 

そして外での作業を終えて冷房の効いた部屋に入ったとき、急にTシャツが吸った水分が

冷たくなったような。まさに冷感を味わったのですが。

 

同時に自分が、ものすごく自分の汗臭くなりました。

…そうだよね。Tシャツに吸われてる水分は自分の汗なんだもの……。

 

このTシャツを着るときには、汗ばんだあと着替えをするか、それとも

消臭制汗スプレーを使ってにおいを抑えられるのか悩むところです。

 

 

世界に知られる秋田犬

最近、日本が由来の犬種である秋田犬がニュースに取り上げられた。

フィギュアスケートザギトワ選手が2018平昌オリンピックでの優勝のプレゼントとして秋田犬を希望したというニュースだ。私はニュースに取り上げられるようになるまで、秋田犬をAkita-Kenではなく、Akita-Inuと読むということを知らなかった。

秋田犬の正しい読み方も知らなかったけれども、秋田犬の見分け方もわからなかった。なんとなく、柴犬にそっくりだけどちょっと体格が良いのが秋田犬なのかなと思ってるぐらいだったので、ニュースでフィギュアスケートザギトワ選手が秋田犬という犬種を指定してほしがっているというのは、ずいぶんマニアックできみょうな感じがした。

秋田犬はやや大型犬に分類される体格で東北地方の狩猟に使われるために交配された犬で、なかなか都内でペットとして出会うことが少ない犬種かもしれない。しかし、忠義の物語としての「忠犬ハチ公物語」は日本ではよく知られており、この物語の主人公として知られているハチ公は秋田犬なのである。

渋谷に建てられたハチ公銅像は、そのシルエットがすっきりしているイメージがあるので思い浮かべにくいと思うが、忠犬ハチ公は秋田犬なのである。

 

約束の犬としてのハチ
HACHI 約束の犬(字幕版)
 

 帰らぬ人となった主人を駅前で待つ姿が人々に感銘を与え、新聞記事が書かれ、銅像が建てられ、物語が書かれたが、今世紀2009年にはとうとうラッセ・ハルストレム監督のもとでアメリカでも映画が作られた。「HACHI 約束の犬(Hachi: A Dog's Tale)」がそれである。

この映画では舞台背景や、ハチの飼い主の職業、家庭環境など細かいところは設定が違ってはいるが、だいたいの大筋としてハチ公物語を踏襲してストーリーが構成されている。リチャードギアの演じるハチの飼い主パーカー(Parker Willson)は音楽家であり教授でもある。彼の奏でるシンプルでやさしいピアノのメロディーに包まれてHACHIの物語はすすんでいく。パーカーにはケン(Ken)という(もしかして、犬のけんからネーミング?(笑))日本人の友人がおり、夜の駅で出会ったハチの名前の由来と秋田犬のルーツを知る。

 -ハチの名には、縁起のよい数字の8の意味と"天に昇って地におりる”という意味も持つこと。

 -秋田犬は人を喜ばせることに関心がなく、自分にとって意味のない行動はしない性質だということ。

 

ハチとパーカーの出会いはお互いを選んで出会った運命であるとケンは預言する。

ハチからの視界

映画の中では時々、モノクロのシーンが出てくる。それはハチの視界から見たシーンだ。ハチからの視界のシーンをモノクロにしたのは独特だが、これには眼科学のニーツ博士夫妻が1989年発表した犬の視界の研究結果が反映されているのかもしれない。この研究では犬が識別できる色は、黄色と青とグレーであると発表している。

http://thebark.com/content/how-dogs-are-helping-researchers-cure-color-blindness

 

映画の中ではハチから見たまわりの世界が見える。ハチから見たとき、はじめて招き入れられた飼い主パーカーの家は不思議なものだらけだし、ボールを投げるまわりの人は奇妙な行動をしているようにに見えている。

 

 ハチはパーカーと暮らしていく中で、パーカーの喜びが家族との温かいつながりであることを見ていく。娘の結婚、妊娠、妻とのやりとりなど。

ハチはまちがいなくパーカーを好きである、それは出勤するパーカーを駅まで追いかけて行くことからもわかる。ハチはとにかくパーカーの目の届くところにいることがパーカーとの親愛を示すことだと思っている。パーカーの投げるボールをとってくることにはあまりその意味を見いだせていないようだ。だからこそハチは自分の飼い主への思いを伝える行動として、飼い主の帰宅の時間に駅で待っている。

 

ボールはハチからパーカーへ

パーカーは何度もハチに投げたボールをとってこさせようとしたが、成功することはなかった。パーカーにとってはボールで上手に遊ぶことでがハチとの親睦を深められると思っていたのだが、ハチにとってはそうではなかったので二人のキャッチボールが出来なかったのだ。

別れが訪れるのを悟った朝に、ハチはパーカーを出かけさせまいとボールを持ちだした。パーカーとハチの飼い主と犬らしい最後のキャッチボールは、犬のハチからよびかけたものだ。二人の最後のキャッチボールができたのは、ハチもパーカーと家族のようなつながりを持ちたいという思いを表現したいと思ったからだ。

映画「HACHI」の中ではハチ自身の主観をあらわすシーンが何度か出てくる。モノクロのシーンで表現されるハチの見ている風景、そしてそれまで応じることがなかったキャッチボールを促すためにボールを持ち出す行動などだ。この映画の中ではハチを、忠義をつくす犬としてだけ描くのではなくて、ハチがパーカーに寄せる思いの部分も描写している。そのために、帰らぬ主人を待つハチのシーンを観ていると、飼い主の死を理解できずに帰りを待つ実らぬ忠義の悲哀よりも、パーカーの死を理解できないためにパーカーと会えない悲しさがつのるハチの心中に心を揺さぶられるのだ。

 

秋田犬というイメージに多大に影響を与えたのでは

この映画一つで世界中で何百種といる犬の一種である秋田犬に、一つのイメージを与えたことになったのは間違いないと思う。

犬ではありながらペットとして飼い主を喜ばすことには関心を持たないが、ハチ公物語のハチのように飼い主を信愛したときには、その賢さと誠実さを発露することをいとわない姿は多くの人の共感を得るのだと思う。

秋田犬がそのような忠義を持つというイメージをを描きだしたこの映画が世界規模で公開されたことで、世界中の犬愛好家から秋田犬を求められるようになったのはとても素敵なことだと思う。